現在新卒で仕事を探している方、転職希望のため新しい仕事を捜し求め模索している方、仕事は何で選ぶのが正解なのでしょうか。仕事選びの悩みを解決するにはまず、自分が何を一番大切にし、会社に求めているかを知ることが鍵となります。

就職活動中の女性

商社に勤めるならマナーを守って楽しく仕事

近年、様々ある業種を問わずに、いろいろな社長や上司などから出てくる愚痴の中に、部下のマナーに関するものがよく出てきます。新入社員などは耳の痛い話ですが、ビジネスにおいてこのマナーができていないと、意外な時に命取りになり、昇給はおろか降格になるか一生出世できないなどの問題にあたることもしばしばです。いまの早いうちからこのビジネスマナーを身に着けておくことで、これから先一生続いていくサラリーマン人生を楽しく過ごせるようにしていきましょう。
仕事にあたっては、仕事と呼ばれることについては、原則的に個人の感情は入る隙がありません。個人の感情で仕事をしていては、場合により、仕事効率が悪化して終わるはずの時に終わらなくなってしまうことがあります。それは商社であればかなり厳しい結果を招いてしまえば一大事です。
商社は何らかの契約を交わす際であっても、一切の妥協は許しません。商社のビジネスの世界は厳しいものがあります。それゆえに達成した時には大きな満足感があります。
最近では、書店に行けば商社マンとしてのマナーに関する本も多く出版されていますが、中に書いてあることといえばごくごく一般的な常識の事柄です。しかしその常識が今や守られていないのが現実です。
朝のおはようございます、にはじまり、帰りのお疲れ様です、に至るまで、声を発するときの敬語や言葉遣いには特に注意が必要です。現代の商社マン、イコール、日本のサムライをイメージさせます。中にはそこまで厳しくない社風の会社もありますが、営業など特に数字を追う厳しい業界ではこのような風潮が見られます。しかしそれは社内的にも、さらには社外から見たときにも会社の評判を良くし、将来的に自分の為になることを考えると、ごく当たり前のことなので、できていない人は早めに身に着けたいものです。